Fortranパッケージマネージャ

Fortranパッケージマネージャ

Fortranパッケージマネージャ

Fortranのパッケージ管理およびビルドシステム

Fortarnパッケージマネージャ(fpm)の解説へようこそ.

この資料集は,下記の四つの内容から構成されています.読み進めるには,いずれか一つを選択してください.

注釈

これらの解説は現在執筆中です.内容の提供,問題の報告など,改善にご協力をお願いします.

実践手引

fpmを用いたFortran開発,プロジェクト作成,依存関係管理の学習

利用方法

fpmを用いて具体的な問題を解決するための実践的な利用方法と秘訣

設計文書

コマンドラインインタフェース,パッケージマニフェスト,一般的な使用感の設計に関する情報

参考資料

fpmの仕様と実装情報

レジストリ

There are already many packages available for use with fpm, providing an easily accessible and rich ecosystem of general purpose and high-performance code. For a full list of packages checkout the fpm registry. New packages can be submitted to the registry here.

新着情報

ここでは,新規リリース,学会発表,新しいパッケージなど,Fortranパッケージマネージャに関する最近の出来事を告知します.

  • Fpm version 0.6.0 released (2022-06-19)

    This release introduces a better visualization for the build output, compiler output is only shown on error to keep the standard output clean for successful builds. Furthermore, fpm can now detect unused modules and avoids compiling modules that are not needed for an application, which improves the compilation speed with large dependencies like stdlib. When creating a new project with fpm the author information are now taken from the git configuration to avoid using placeholders in the manifest. Several more bug fixes and plenty of improvements went into this version as well.

  • Fpm 0.5.0をリリースしました (2021-11-21)

    このリリースには,多くのバグ修正があり,また継続的デリバリやWindowsインストーラといったfpmの周辺ツールに多くの改善が加えられています.新機能として,コンパイラ・リンカの選択の幅が広がり,バックエンドが改善されました.(テストは必要な場合にのみビルドされ,リンクの依存関係は適切に追跡されます)